痔の治りを助ける|自然治癒力を高める方法

 

痔に限った話ではありませんが、病気を治したり、健康を維持するために重要な役割を果たすものに「自然治癒力」があります。

 

もしかしたら、自然治癒力という言葉自体は聞いたことがあって、なんとなく意味も知っている、と感じている方は多いかもしれません。

 

ですが、あらためて「自然治癒力ってなに?」と聞かれたときに、うまく答えることってできるでしょうか。

 

「ケガをしたときに、元どおりになろうとするはたらき」ですとか「風邪を早く治すために必要なもの」といったかんじで、漠然としか答えられなかったりはしませんか?

 

そんな自然治癒力、風邪やケガを治すことはもちろん、痔の治りを助けるためにも大切なはたらきをするのです。

 

今回は自然治癒力について知り、それを高めることで苦しい痔の症状を少しでも楽にする方法をお伝えしたいと思います。

 

自然治癒力とは

 

自然治癒力には、おおきく分けて次のふたつの種類があります。

  • 免疫機能
  • 再生機能

それぞれについて、少し詳しくみていきましょう。

 

免疫機能

 

免疫機能とは、外界から体内に侵入してくるウイルスや細菌を排除しようとする身体のしくみです。

 

「自己防衛機能」とも言われ、わたしたちが健康に生活するために必須の機能です。

 

再生機能

 

再生機能とは、切り傷やすり傷、手術した跡の傷などを元の皮膚に戻していく身体のしくみです。

 

当たり前の機能だと思いがちですが、この力が落ちてくると傷が治るのに時間がかかるようになったりしますので、わたしたちが快適に暮らすためには、できるだけ再生機能を高めておくことが大切です。

 

**********************

 

これらの「免疫機能」「再生機能」(=自然治癒力)を高める方法については、さまざまな研究がされていて

 

とくに欧米や日本では「心の状態による免疫力の変化」に着目した「精神神経免疫学」という学問がすすんでいます。

 

具体的に自然治癒力を高める方法には、次のようなものがあることがわかっています。

 

自然治癒力を高める方法

 

よく寝る

睡眠

 

良い睡眠は免疫力ととても関係があることがわかっています。

 

体感的にも感じることだと思いますが、睡眠不足が続くと免疫力が低下するのは間違いない事実です。

 

睡眠不足の方の白血球には「顆粒球」とよばれる、免疫システムの危機の際にでる成分が含まれていたという実験結果も報告されているんです。

 

アロマを活用する

アロマ

 

あなたにとっての「いい香り」をかぐことは、あなた自身の免疫力を高めます。

 

それぞれの香りによる効能といったものもありますが、まずは自分が心地よく、落ち着けたり、シャキッとできたりするお気に入りのアロマを見つけることから始めてみてください。

 

癒される

癒やし

 

肌のふれあいや自然の中で感じるヒーリング効果など、「癒される」と感じる感覚には免疫力を高める効果があります。

 

泣いている赤ちゃんがお母さんに抱かれると泣きやんだり、病気で苦しんでいる患者さんが手を握られることで安心して眠りに落ちたりするのは、肌のふれあいによる「癒し」の効果でもあります。

 

こういった心地よさが免疫力を高めることにもつながるのです。

 

お腹から笑う

笑顔

 

よく笑うことは免疫力を高めます。

 

大阪の寄席で、客席に入る前と出てきたときのお客さんの免疫力を測った結果、よく笑った人ほど免疫力が高くなったことがわかりました。

 

よく笑うと脳がリラックスして、免疫力と関係する「間脳」のはたらきが高まり、免疫力にも影響するという仕組みが解明されています。

 

座禅や瞑想をする

瞑想

 

座禅や瞑想にも、自然治癒力を高めるはたらきがあることが分かっています。

 

決まったやり方にこだわるのではなく、思考のノイズを取り除き、頭を空っぽにするというイメージを持って深呼吸するなど、あなたに合ったやり方を見つけることが大切です。

 

頭がスッキリすることで、感情と自律神経や免疫力を司る「間脳」のはたらきが高まり、免疫力が回復します。

 

さいごに

 

自然治癒力は、ある人にはたくさんあって、別の人にはないというようなものではなくて

 

人間誰にでも備わっている機能です。

 

それは風邪やケガなどだけでなく、痔を治すのを助けてくれ、つらい症状を緩和してくれるとても心強いはたらきでもあります。

 

今日お伝えした内容を「意識」し行動することで、自然治癒力を味方につけ、あなたの痔の症状が軽くなることを願っています。