知っていますか?痔を悪化させる「7つの要因」

 

痔にはおおきく分けて

  • 痔核(いぼ痔)
  • 裂肛(切れ痔)
  • 痔瘻(じろう)

の3種類があります。

 

それぞれに症状は異なりますが、どのタイプの痔であっても、痔の原因となり症状を悪化させる要因というのは「肛門周辺におきる炎症」です。

 

この「炎症」を引き起こす原因には、おもに次の7つがあります。

 

おもな原因は7つ、ということは、この7つを頭に入れて注意しながら生活すればそもそも痔にはなりづらい、ということです。

 

今まさに痔に苦しんでおられる方は、どうしても「なんでもいいから、目先の痛みを和らげたい…」と感じていると思うのですが、たとえ薬で一時的に痛みを和らげても、痔を誘発する行動をとっていては永遠に痔の痛みのループから抜け出すことはできません。

 

かならず、また再発してしまう、ということです。

 

今回は、痔の痛みのループから抜け出すために、痔を悪化させる7つの要因の正体を知り、あなたの日常生活の過ごし方を見直すきっかけとしていただければと思います。

 

痔を悪化させる7つの要因

 

排便の異常(便秘・下痢)

便秘になると、かたい便をおしりに力を入れて(いきんで)排便しようとしますよね。

 

すると、かたい便が肛門の粘膜を傷つけてしまいます。

 

傷ついた粘膜から、便の中に潜んでいた細菌が入り込んで炎症を起こし、裂肛(切れ痔)や内痔核(いぼ痔)になりやすくなってしまうんです。

 

また下痢がなぜ痔の原因になるかというと、やわらかい便が勢いよく肛門を通過するときに、肛門の粘膜を傷つけてしまうことが大きな原因です。

 

下痢は裂肛の原因になったり、肛門腺窩(こうもんせんか)という「くぼみ」に便が入って細菌に感染することで痔瘻の原因になったりもします。

 

肉体的な疲れ

運動や肉体労働による身体の疲れといのは、筋肉に疲労物質を蓄積して痔を誘発します。

 

また「疲れ」というのは局所免疫力を低下させる働きがあるので、肛門内部に炎症が起きやすくなってもしまうのです。

 

精神的ストレス

人間の免疫力というのは、身体だけでなく心(メンタル)の状態によっても、高まったり低下したりすることがわかっているんです。

 

言われなくてもすでに体感的にわかっている部分も多いかと思いますが、たとえばストレスやツライことがあると、わたしたち人間の免疫力は低下して風邪や病気になりやすくなったりしますよね。

 

逆にたくさん笑って楽しく過ごしていると免疫力は高まって、ちょっとしたことでは病気にならなかったりします。

 

現代のストレス社会は必然的に免疫力の低下を引き起こす環境にありますから、だれもが痔になりやすい状態になっていると言えます。

 

体の冷え

突き詰めると、痔の天敵は「血流の悪さ」に行き着くのですが、体の冷えは血流を滞らせる典型的な要因です。

 

最近では冬だけでなく、クーラーの普及により夏でも体が冷える環境にあります。カーディガンやハラマキ(個人的に、ハラマキを腰からおしりのあたりまで下げて使うと体が冷えにくくオススメです(^ ^))などを使って、体を温める習慣を身につけましょう。

 

お酒

アルコールも、とても大きな痔の原因です。

 

わたし自身の体も明らかにそうなのですが、アルコールを飲むと血管が拡張されて肛門周辺に炎症を引き起こします。具体的には「腫れ」という形で翌朝にすぐ影響が出ます。

 

お酒は決して飲み過ぎないように注意してください。

 

女性の生理

月経の前や月経中に便秘になったり、または下痢になったりして、排便の異常を感じる女性はとても多いんです。

 

くわしい仕組みはまだわかっていない部分も多いのですが、月経中の肛門粘膜を観察すると炎症を起こしているという結果もあります。

 

ただ、月経については周期的にくるものですので、ご自分が便秘になりやすいタイプなのであれば数日前から食物繊維の多い食べものや乳酸菌飲料を飲むなど、事前に対処できることはしておくことが大事です。

 

座りっぱなしでいること

長時間座りっぱなしでいると、下半身の静脈血が心臓に戻りにくくなって腰やおしりまわりで滞るため、血流が悪くなり鬱血(うっけつ)してしまいます。

 

「体の冷え」の部分でも触れましたが、痔の天敵は「血流の悪さ」でしたよね。

 

座りっぱなしで鬱血すると、そこから循環障害を引き起こされ、肛門周辺に炎症が起きて痔が悪化してしまいます。

 

少なくとも1時間に1回は立ち上がって、たった10メートル程度でもいいので歩くように意識することで痔を予防することができますよ。

 

まとめ

 

痔は生まれつきの病気ではありません。

 

生きて日々生活する中で、なんらかの要因が引き金となって発症するものです。

 

そしてその要因とは実はそんなに多くはなく、おもには今回ご紹介した7つに集約することができます

 

そしてこれら7つの要因は痔の予防や治癒のヒントになるだけでなく、ひいてはあなたの健康自体にもおおきく関わってくるものでもあるんです。

 

今まさに痔に苦しんでいる方だけでなく以前苦しんだことのある方、今はまだ大丈夫だけど親が痔になって苦しんでいる様子を間近で見ている方も、ぜひ今回ご紹介した7つの要因を意識して生活してみてくださいね (^^)